日本アクセスを選定 長時間労働改善大阪地方協議会 ミルクラン輸送が対象

2016.08.09付

一般

 トラックの長時間労働改善と適正取引を話し合う大阪府地方協議会は7月29日、大阪市で4回目の会合を開催。今年度実施するパイロット事業の対象集団を決めた。
 選ばれたのは、日本アクセス大阪支店の府内に点在する物流センターと食料品を卸す小売りチェーン店間のミルクラン輸送。元請け事業者はハップ(本社・岡山市、長田義光社長)の大阪支店(摂津市)で、下請け事業者は千流(本社・摂津市、千車康彦社長)。
 着荷主の小売りチェーン店は配送センターを持たずにミルクラン輸送を実施…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する