JR貨物南関東ロジ 2種の鮮度維持C開発 9月下旬に試作完成へ

2016.08.09付

一般

 日本貨物鉄道(=JR貨物)のグループ会社ジェイアール貨物・南関東ロジスティクス(本社・東京、佐々木淳社長)は、JR貨物の12フィート汎用コンテナを活用し、①食材を凍らせず鮮度維持が可能なコンテナ②太陽光発電による24時間換気を実現するコンテナ――の開発を進めている。9月下旬にも試作品を完成させ、今年度末からの量産化を目指す。
 開発を進めているのは、汎用コンテナに温度保持機能と冷却システムを付加した「氷感SO庫」と、特殊塗装を施した汎用コンテナに太陽光…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する