【海上輸送ガイド】既存航路延伸で実験 山陰―北海道ルート 定期就航念頭に展開

2016.08.23付

一般

 境港(鳥取県境港市)を拠点に日本海側の新たな海上輸送網の構築に向けたトライアル輸送が今年度も始まった。今回は初めて、既存の定期航路を延伸する形を採用した。運航コストを圧縮すると同時に、海陸一貫輸送サービスを提供。より商業ベースに近い形で2週続けて行われた。
 山陰と北海道を結ぶトライアル輸送は平成25年度から計4回実施。今回は、近海郵船(本社・東京、田島哲明社長)が運航している苫小牧港(北海道苫小牧市)―敦賀港(福井県敦賀市)のRORO船定期航路を境港まで延伸した。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する