鴻池運輸 印で鉄道利用に参入 10月、合弁会社設立へ

2016.08.23付

一般

 鴻池運輸(本社・大阪市、鴻池忠彦社長)はグローバル展開戦略の一環として、インドで鉄道コンテナ輸送に参入する。10月、国際海上コンテナの内陸保税蔵置場インランド・コンテナ・デポ(=ICD)事業を展開する現地企業と合弁会社を設立し、デリー首都圏近郊と西インドの主要3港(ナバシェバ、ピパバブ、ムンドラ)間で鉄道を利用した国内一貫輸送を行う。
 合弁会社は、平成9年から北インドで初の民間ICDを運営するAssociated Container Terminals(=ACT)と設立。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する