【トンボの目】見直された通報制度 きっかけは軽井沢バス事故

2016.08.30付

一般

 8月から国土交通省と厚生労働省が行う相互通報制度が見直された。通報事案に「健康診断の未受診」を加え、ドライバーの病気などによる健康起因事故の対策をより厳しくする。制度拡充の背景、運用基準などを一問一答形式で紹介する。
 ――相互通報制度はどんな仕組みなの?
 A 昭和55年に導入された仕組み。国交省と厚労省がそれぞれの監査で法令違反の会社を見つけた際、情報を提供し合う。改善基準告示、最低賃金法違反などが通報事案だったが、健康診断の未受診が加わった。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する