いすゞ 通信活用し予防整備 DPFの状態お知らせ

2016.09.20付

一般

 「修理」から「整備」へ――。いすゞ自動車(本社・東京、片山正則社長)は、テレマティクス(車載通信システム)を活用してトラックが路上故障を起こす前に予防的な整備を行い、稼働を止めないためのサービスを強化している。
 昨年発売した新型ギガ搭載のテレマ「MIMAMORI」から得られる車両データを使えば、DPF(排ガス除去フィルター)やエンジンの不調・故障などを抑えることができ、突発的な路上停車を抑制。万一の故障の際にも、通信情報から入庫前に車両の状況把握が可能なため…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する