【トンボの目】国が目指す車載器は? 〝一体型〟最終目標に

2016.09.20付

一般

 次世代型運行管理支援システムの議論が年内にも再開する見通しとなった。有識者検討会で焦点の一つとなるのが、将来どんな車載器を普及させるか。国土交通省は、ドライブレコーダーとデジタルタコグラフ(運行記録計)の一体型をゴールに据えたい考えだ。一体型車載器の現状などを一問一答形式で紹介する。
 ――一体型車載器の市場動向は?
 A この数年、主要な車載器メーカーが開発に乗り出している。近年は矢崎エナジーシステムやデータテック、NPシステム開発などが一体型の新製品を発売。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する