富士物流・中期計画 搬入・設置・保守一貫で 24時間の対応力 強み

2016.10.04付

一般

 富士物流(本社・東京、渡部能徳社長)は今期から、平成31年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画をスタートした。2本の柱が、パソコン、ATM(現金自動預け払い機)を含む機器の配送・設置・保守・回収の各業務を製品のライフサイクルに合わせて一気通貫で行うサービスと、電子機器・理美容器具・用品向けをはじめとした3PL事業だ。
 同社は従来、東京のサポート拠点を中心に独自のコールセンター、全国サテライト拠点、設置・保守作業の技術を持つ「ITドライバー」、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する