【運転席から物流論】第166回 トラックショーを見て トラックドライバージャーナリスト 長野 潤一 氏

2016.10.11付

一般

 9月1~3日、パシフィコ横浜で開催されたジャパントラックショー2016を見てきた。トラックメーカー、架装メーカー、タイヤメーカーの展示のほか、輸送産業に関わる周辺機器のブースが半数以上を占めた。乗用車のモーターショーと違い、トラックのモデルチェンジは周期が長く、2~3年で新モデル・技術が出るものではない。だが、労働基準の順守強化や輸送品質向上の要請に伴い、デジタルタコグラフ(運行記録計)など運行管理に関する機器の重要性は高まり、技術進歩も早い。これらの出展が…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する