日通商事 20日間、鮮度そのまま 新冷蔵コンテナ実験

2016.10.11付

一般

 日通商事(本社・東京、新居康昭社長)は8月、新開発の鮮度保持機能付き20フィート冷蔵コンテナで青果物の海上輸送実験を実施。合計20日間のテストでマスカットや梨、桃、トマトを新鮮なまま輸送・保管することに成功した。
 新開発コンテナ「fresh bank(フレッシュバンク)」は高圧放電に伴うオゾン生成で細菌の発生を抑えるとともに、庫内を最適温度に保つことで積み荷の鮮度を保持。青果物や鮮魚、生肉を大量にゆっくり遠くへ運べるようになる。飛行機やトラックで急いで届ける必要…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する