中部圏アセアンへ進出加速 メーカーが生産シフト 物流も新倉庫が続々

2016.10.11付

一般

 中部圏の日系企業が、東南アジアへの進出を活発化させている。自動車産業を中心としたメーカーが、人件費が高騰する中国や日本国内から工場を移し、後を追うように物流各社も進出。新倉庫や現地法人を設立している。インフラの未発達や不安定な政治情勢と課題は多いが、新たにミャンマーも開拓先として注目を浴びるなど、今後の動向から目が離せない。
 中部のメーカーがタイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、シンガポールといったアセアン諸国へ進出している。自動車部品をはじめ日系メーカーが…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する