【長時間労働どう改善?】第3回 高度な物流、多くの要員 名城大学経済学部 山本 雄吾 教授

2016.10.18付

一般

 前回までに、トラック運送事業の長時間労働などの厳しい労働環境が人手不足を招いていることを示した。加えて、近年の物流ニーズの高度化、サービスレベルの向上が、一層労働需給をタイトにしていると考えられる。つまり、多頻度少量輸送や時間指定配送など物流サービスの高度化は、より多くの労働力を必要とし、結果として人手不足を招く。
 平成22年の営業用トラックの全品目の流動ロットは0.77トンで、2年の1.77トンから半分以下に大きく下落した 。よって仮に輸送量を一定とすれば…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する