【増税後もやまない! 適正運賃収受】 二又 茂明 久留米運送社長 大手の動きは追い風

2014.12.02付

一般

 (1)消費増税分の転嫁はスムーズにできた。法律上の改正から、税率が5%から8%に移行したものと考え、8%を顧客に請求するもの。
 (2)ヤマトさん、西濃さん、佐川さん、福通さんの大手4社が適正運賃の収受に取り組んでいるいま、当社としても運賃改善交渉を継続する。
 (3)燃料サーチャージよりも、運賃そのものの値上げを重視している。燃料サーチャージだと、燃料価格により請求額が上がったり下がったりと変動し、一定の価格保障がないため。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する