ソフト開発に新風 フレームワークス・物流オープンデータ活用コンテスト 応募作品200件超

2016.10.18付

一般

 企業や団体などが保有する膨大なデータを一般公開し、新しい発想でつくられるソフトウエアや研究レポートを募るオープンデータコンテストの取り組みが物流業界でも始まった。
 ダイワハウスグループでWMS(倉庫管理システム)の開発・運用を手掛けるフレームワークス(本社・静岡市、秋葉淳一社長)は先月、4月から7月にかけて募集した「物流オープンデータ活用コンテスト」の入賞作品を表彰した。3部門で7作品が入賞した。
 最優秀賞は神奈川県中小企業診断協会オープンデータプロジェクトチームが

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する