【倉庫・3PL特集】現場力を高める 専門家が教える効率化への道しるべ

2016.11.15付

一般

 物流現場の効率化には二つの方向性がある。一つは人材のスキルアップ。徹底した工程分析で現場の状況を把握、パート従業員による小集団活動で自発的に改善のアイデアを募り、さらなる改善につなげる。もう一つは人員配置を改善したうえでのマテハン機器や自動倉庫の導入だ。いずれにしても各事業者の「現場力」の正確な把握と伸長が課題となる。
【現場改善編】現場での現状把握が先 QCサークル導入を 大阪産業大学経営学部 浜崎 章洋 教授
 庫内作業の現場改善は、経験や勘だけではすぐに限界が来る。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する