【海上輸送ガイド】世界とTOKYO結び75年 東京港 ふ頭再編でさらに発展

2016.11.22付

一般

 東京港が今年、開港75周年を迎えた。昭和16年に国際港として開港。42年には品川ふ頭が日本初のコンテナふ頭として完成し、国際物流のコンテナ化の動きをいち早く捉えた。平成22年には、川崎港(川崎市)、横浜港(横浜市)と共に京浜港として国際戦略港湾に選定。現在、ふ頭再編や周辺道路の整備を進めており、日本と世界を結ぶ窓口として一層の活躍が期待される。
中世以降、商業漁業で発展し
 東京港は平成27年実績で、海外との輸出入では4669万9000トン、国内の移出入貨物量では…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する