C&Fロジ 車両・施設を相互活用 上期、内製化1.3億円

2016.11.29付

一般

 C&Fロジホールディングス(本社・東京、林原国雄社長)はグループ化のシナジー(相乗)効果創出を図る中期経営計画の施策の一環として、車両や施設の相互活用を推進している。平成28年4~9月期には車両をグループ間で機動的に運用することで、これまで外注していた輸送力を自社車両で賄い、約1億3000万円のコストを吸収した。
 営業部門で今年1月から「車両・倉庫相互活用会議」を立ち上げ、東北、関東、中部、関西、中四国、九州の各地域で開催。グループの支店、営業所、物流センターの…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する