中越運送 フォークにカメラ搭載 品質向上、医食住向けで

2016.11.29付

一般

 中越運送(本社・新潟市、小林和男社長)は、荷役作業の品質強化に向け、住宅設備や加工食品を扱う業務を中心にフォークリフトへのドライブレコーダー装着を進めている。年内に合計14セットを導入する。
 住設を多く扱う越谷営業所(埼玉県越谷市)で約半年前、オペレーターと爪の2カ所を撮影できるドラレコを1セット試験的に導入。これまで事故をゼロに抑えられたことから荷物事故防止に効果が見込めるとして、関東・信越地区の営業所に13セットの追加導入を決めた。すでに購入を終え、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する