日通・警備輸送 現金物流をトータルで 金融機関開拓に弾み

2016.12.06付

一般

 日本通運(本社・東京、渡辺健二社長)の警備輸送事業部は、金融機関向けに輸送・精査・両替・保管といった現金関連業務全般を手掛ける「キャッシュ・ロジスティクス」の営業展開を強化している。新規顧客獲得と既存顧客向け業容の拡大に弾みをつける。

日通の警備輸送部門は主に都市銀行や地方銀行、信用金庫など金融機関を顧客とし、警送業界で高いシェアを持つ。一方、金融機関各社は日銀によるマイナス金利政策で収益面が厳しい状況。顧客からのコスト削減要請が厳しく、「警備輸送も厳しい…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する