JR貨物南関東ロジ 新生鮮コンテナで実験 量産化へデータ収集

2016.12.20付

一般

 日本貨物鉄道(=JR貨物、本社・東京、田村修二社長)のグループ会社ジェイアール貨物・南関東ロジスティクス(本社・東京、佐々木淳社長)は11月28日から、生鮮品の鮮度を維持する新コンテナ「氷感SO庫」と「SORAコン」を使った試験輸送を始めた。鮮度を保ったまま輸送でき、これまでの2回の実験では荷主評価も高い。来年3月まで輸送を繰り返し、量産化に備える。
 冷蔵コンテナ内部の生鮮食品を凍結させずに鮮度を維持したまま長期保存できる「氷感SO庫」での輸送は…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する