国交省、適正運賃・料金で 年内に実態調査開始 「標準設定の必要」質問

2016.12.20付

一般

 トラックの運賃・料金収受の実態を把握するため、国土交通省は年内にもアンケート調査を行う。地方トラック協会の役員や青年部会、全ト協の景況感調査の協力企業など、1700~1800社を対象に実施。調査ではどうすれば必要なコストを収受できるか、や「国による標準運賃の設定」の必要の有無などについても聞き取り、適正取引推進につなげる。
業種ごとに傾向を分析
 14日開催の「トラック運送業の適正運賃・料金検討会」で方針を示した。アンケートは郵送方式とインターネット調査…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する