2020年にも実現? 隊列走行技術どこまで来た インフラ、法律にも課題

2016.12.20付

一般

 夜間長距離輸送で後続車両を無人にした隊列走行について、国土交通省は早ければ平成32年(2020年)にも実現したい考え。自動運転と組み合わせたトラックの隊列走行の実用化に向けては、日本だけでなく世界各国の関係機関が実験走行に動き出した。国土交通省は長距離ドライバーの不足を補う役目に期待がかかる。
 豊田通商(本社・名古屋市、加留部淳社長)は9月、経済産業省によるトラックの隊列走行の実証事業を受託。メーカー、物流事業者と協力して、平成30年までに実証実験を行う。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する