29年度は0.6%減に 国内貨物総輸送量 消費・生産財は横ばい

2017.01.03付

一般

 日通総合研究所(本社・東京、宮近清文社長)によると、平成29年度の国内貨物総輸送量は28年度比0.6%減の46億5080万トンとなる見通し。建設関連貨物を除く消費・生産関連貨物は横ばいにとどまる。国内民需が伸び悩む中、水面下の動きが続きそうだ。
営業用車は強含み横ばいに
 貨物品類別では、消費関連が同0.5%増とプラスに転じる。個人消費が加速するほか、天候要因で28年度下押しされた農水産品の持ち直しを見込む。生産関連は鉱工業生産や設備投資…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する