エスライン 配車をグループ一本化 ITで資源 有効活用

2017.01.03付

一般

 エスライン(本社・岐阜県岐南町、山口嘉彦社長)は主力の輸送サービス事業で、IT(情報技術)を活用した配車力の強化を目指す。グループ横断で配車を行う求荷求車システムにより、平成29年中に東名大で順次配車を一本化し、最終的には各エリアを統合した「総合配車センター」を組織する。車両の稼働率を高めることで、物量の確保と収益拡大につなげる。
 エスライングループの28年4~9月の貨物輸送量は146万トン。このうち雑貨を中心とした特積み輸送の比率は49.3%で…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する