大和物流 大型C、相次ぎしゅん工 収益増へアクセル踏む

2017.01.31付

一般

 大和物流(本社・大阪市、緒方勇社長)が物流センター増設を加速する。今月末から名古屋市南区、茨城県つくば市、三重県菰野町、埼玉県嵐山町に相次ぎ物流センターをしゅん工する。延べ床面積は約9000?2万2000㎡を確保し、収益拡大に弾みをつける。
 需要増が見込まれる東名阪神を中心に、既存拠点を大型センターに集約して効率化も図る。3月に開設するつくばロジスティクスセンターには建材3PLをメーンとする既存のつくば支店を移転。飲料など新たな荷物の取り扱いも始める。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する