三菱倉庫 来年3月 神戸に最大級拠点 西日本の物流需要に対応

2017.02.14付

一般

 三菱倉庫(本社・東京、松井明生社長)は7日、神戸市で大型物流センターの建設を開始した。延べ床面積は6万㎡を超え、同社最大規模の施設となる。近畿圏とともに九州・中四国をカバーする配送拠点として、来年3月の稼働を目指す。
 西神配送センターの建設により、需要の高まる西日本エリアの物流ニーズに対応する狙いがある。特に神戸は輸出入貨物を中心に稼働率が高く、新たな施設が必要と判断した。設計施工費は約83億円。
 所在地は神戸市須磨区弥栄台4ノ4ノ1。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する