国交省 日報記録事項に荷待ち 来年度中の導入へ検討

2017.02.14付

一般

 運転日報やタコグラフ(運行記録計)に記載する記録事項について、国土交通省は荷待ち時間を追加する方向で検討を始める。ドライバーの長時間労働が課題となる中、解消には事業者が待ち時間を荷主に示し、改善を求める必要があると判断した。省令改正を視野に検討を進め、来年度中の導入を目指す。
 1日、中小事業者の取引条件改善を議論する関係府省連絡会議で、野上浩太郎官房副長官が指示した。これを受け、国交省は全日本トラック協会らと共に省内で検討を始める。対象事業者、車種など…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する