【海上輸送ガイド】専用室 居住性高め個室化 選ばれる船社へ 乗下船の時間を短縮

2017.02.21付

一般

 中・長距離輸送のモーダルシフトが進む中、各船社は高まる需要を背景に新船投入でトラックの積載台数を増やした。同時に、ドライバーが利用する専用室の居住性や利便性といったサービスを向上している。利用したくなる、選ばれる海上輸送へ、試行錯誤が続く。
 平成27年9月から、フェリーの乗船時間は全て休憩時間に当たると改善基準告示が改正された。北海道、中国、四国、九州から大消費地の首都圏、関西への長距離輸送能力はドライバーの労働規制強化で低下し、海上輸送は欠かせない…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する