日通・美術品輸送 次世代の「匠」育成 技能資格取得を推進

2017.02.21付

一般

 日本通運(本社・東京、渡辺健二社長)は、美術品輸送事業で高度な技術力を持つ「匠(たくみ)」の育成を推進。技能資格の取得を促進するなど、長年培ってきた技術の伝承に力を注ぐ。エジプトで建設が進む博物館の技術支援プロジェクトにも参画し、匠の技を通じた国際貢献を進めている。
 日通グループでは、全国約770人が美術品輸送のスタッフとして活躍。日通が扱う美術品の90%は展覧会向けで、絵画、彫刻、仏像、陶磁器、現代アートに至るまで多種多様。「国宝や重要文化財を含む…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する