国交省 次世代運行管理で議論 来年度、方針を提示へ

2017.02.21付

一般

 国土交通省は次世代運行管理の在り方について検討を始める。デジタルタコグラフ(運行記録計)にどんな機能、機器を連携すれば、ドライバーの指導監督強化や、ビッグデータを活用した運行管理を実現できるかなどをテーマとする。来年度中にワーキンググループ(=WG)で議論し、平成30年度以降の導入を目指す。
デジタコに必要機能を検討
 多様な技術を使った高度な運行管理を事業者に普及することで、ドライバーの過労・健康起因事故を防ぐ狙いがある。15日の「次世代運行管理…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する