日陸 袖ケ浦に定温倉庫増設 半導体材料の需要増で

2017.02.28付

一般

 日陸(本社・東京、能登洋一社長)は1月31日、千葉県袖ケ浦市の千葉物流センター袖ケ浦倉庫敷地内に「危険物温度管理倉庫4号棟」をしゅん工した。温度管理品の需要が増えスペースが不足したことが増設の背景だ。
 所在地は袖ケ浦市南袖27ノ1。袖ケ浦倉庫全体の敷地面積は1万5500㎡。鉄骨造平屋建てで倉庫面積は800㎡。保管能力は542パレット。5度、15度、25度の3室を備える。
既存倉庫改修し要請に対応
 顧客のニーズにより、例えば3室全てを15度の倉庫として…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する