【中国・四国・九州ブロック特集】人手不足で〝荷量抑制〟も 強気の運送会社に続け!

2017.02.28付

一般

 中国・四国・九州の景況は回復傾向にあるものの荷動きは低調。それでもドライバーが足りず、荷物を絞り込む動きが。人材不足が加速し、高校新卒者の採用活動を本格化する事業者は増えている。運賃値上げ交渉は小康状態だが、中には法令順守のために大口荷主から撤退するなど、強気の姿勢も目立ってきた。業界ではヤマト運輸が「宅配総量抑制」の検討に入るなど、高まる労働環境改善や法令順守へ、地域の動向が注目される。
 経済産業省が公表した昨年10~12月の地域経済産業調査結果によると…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する