【トラックの生産性向上】第7回 テクノロジー生かせるか サプライチェーン・ロジスティクス研究所 久保田 精一 代表社員

2017.03.07付

一般

 労働生産性を高める一つの方向性は、人手に頼らず自動化を進めることだ。だが、過去の歴史を振り返ると思ったほど進展していない。物流システム機器の市場統計によると、半導体工場など特殊用途を除く自動倉庫の市場は500億円前後で、ピーク期の1990年代初頭に比べ半額程度にとどまる。バブル期という特殊要因はあるが、この間の技術進歩が市場拡大につながっていない。
 理由は何か。第一は維持コストの大きさだ。物流は「流れ」であり止めることができないから、安定的なメンテナンスが…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する