【トンボの目】2017春闘 人集まる経営に転換 組合はもっと〝迫力〟を

2017.03.14付

一般

 今週16日、2017トラック春闘の大手交渉がヤマ場を迎え、翌17日に最終回答が一斉に出そろう。企業・サービスの存続へ、労使が共に目指すのは「ドライバーが集まる、魅力ある職場」の実現。ギリギリまで歩み寄り、最大限の果実を引き出せるかが焦点だ。
 足元では軽油がじわじわ値上がり。全日本トラック協会の調べでは、ローリー価格が67円を割り込んだ昨年3月に比べ、最新の1月時点で83円を超え約17円の上昇。とはいえ、昨年12月期までの利益状況を踏まえれば「特積み大手の6割は増益。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する