【トンボの目】自主行動計画の背景は? 適正取引、賃上げ原資に

2017.03.21付

一般

 9日、全日本トラック協会(星野良三会長)がトラック業界内の取引適正化に向けた「自主行動計画」を公表した。背景には、政府が推進する中小の取引条件改善がある。適正な料金を確保することで、そこで働く人達の賃上げにつなげることが狙いだ。これまでの業界の慣例を大きく変える取り組みだけに、実行には多くの協力が必要そうだ。
 ――なぜいま取引適正化?
 A 日本経済が停滞した大きな理由が消費の伸び悩み。消費を拡大するには、大多数を占める中小企業も取引先から原資となる料…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する