2017トラック春闘 大手回答、前年上回る 人材確保へ待遇を改善

2017.03.21付

一般

 2017トラック春闘は16~17日、大手交渉が相次ぎ決着した。自動車、電機など基幹産業でベースアップが抑制される中、トラック各社では前年を上回る回答が目立つ。足元の荷動き停滞、軽油価格高騰にもかかわらず「想定以上の数字が出たことは、人手不足の解消に向けた企業の姿勢の表れではないか」(運輸労連の小畑明書記長)。
 ヤマト運輸、トナミ運輸、エスラインギフ、飛騨運輸は前年から1300~1900円程度、賃金を引き上げる。賞与についてはトナミ、トールエクスプレスジャパン…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する