物流連 工藤会長 生産性向上は喫緊課題 対応次第で生き残りも

2017.03.21付

一般

 日本物流団体連合会の工藤泰三会長は14日の会見で「物流は生産性を高め賃金を上げることが切羽詰った課題」とし、働き方改革が不可欠との考えを強調した。その上で生産性向上に対応できない荷主、意欲のない事業者は「(将来)生き残れないのではないか」との見解を示した。 業界の課題については、庭先での荷待ちや手積み作業、低い積載率などのムリ・ムラ・ムダが続く現状を問題視。「ムダを無くし生産性を高めるチャンスが来た」と述べ、物流連として〝これをやらなければ生産性を…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する