国交省 円滑物流へ手引き作成 建築物で駐車マスの広さ示す

2017.04.04付

一般

 国土交通省は3月29日、大規模建築物の物流を円滑化するためのポイントをまとめた手引きを公表した。商業施設やオフィスビルを設計・運用する際、どんなことを考えれば効率良く貨物の搬出入ができるかを紹介している。
 国交省が建築物の物流効率化をテーマに手引きを作成するのは初めて。今後は建物のディベロッパーや建築主、入居テナントに加え、地方自治体など関係者に配布し理解を広めたい考え。
 手引きは建設前の「設計」と建設後の「運用」の2構成でまとめた。設計は、館内に車を止めて…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する