大手引っ越し各社 繁忙期、受注抑制の動き 時短と平準化にらみ

2017.04.04付

一般

 繁忙期を迎えている引っ越し業界にも長時間労働改善を見据え、〝受注抑制〟の動き――。3月下旬から4月上旬は特に企業の転勤や進学で引っ越しが短期間に集中する。引っ越し各社は、学生などを雇って作業員を確保し、旺盛な需要に応えてきた。だが、従業員の長時間労働は避けられず、大手を中心にピーク時の受注件数を抑える動きが見られる。
アート、繁忙期受注を2割減
 アートコーポレーション(本社・大阪府大東市、寺田千代乃社長)は今期、労働環境の改善に取り組んできた。繁忙期の長時間労働を防ぐとともに、作業の平準化を狙い、受注件数を抑制する方針を3月初旬に決定した。3月下旬~4月上旬の約2週間の受注件数を前年比で約2割削減する。顧客には繁忙期を外すことを提案し…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する