ドライバーの働き方改革 政府、まさかの急ブレーキ 休出含まず残業年960時間

2017.04.04付

一般

 トラックドライバーの労働時間短縮の流れに、働き方改革を主導するはずの政府が〝待った〟をかけた。3月28日開催の政府会議で、ドライバーの年間残業時間を一般職の5年後に罰則付きで年960時間、月平均80時間とすることが決まった。数字は休日出勤を含まず、拘束時間は改善基準告示が定めた3516時間と変わらない。過労死認定基準の月平均80時間を超える労働を、国が容認したことになる。
 働き方改革実現会議で示された実行計画で、安倍晋三首相、石井啓一国土交通大臣…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する