国交省大綱検討会 荷主から効率化望む声 「駅や車両の整備を」

2017.04.11付

一般

 国土交通省は3月31日、次期総合物流施策大綱の策定に向けた検討会を開催。22日に続き委員から意見を聞いた。今回はメーカー、貿易会社など6人にヒアリング。物流効率化のため、モーダルシフトをより導入しやすい環境の整備、トラックのさらなる大型化を求める意見が挙がった。
 味の素物流の坂本隆志取締役兼常務執行役員は、食品メーカー6社が共同で物流戦略を策定する協議体「F‐LINEプロジェクト」を紹介。おととしの発足以来、関東―関西間でトラックの中継輸送や…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する