国交省 荷待ちの記録義務化へ 6月、中型以上対象に

2017.04.11付

一般

 国土交通省は6月をめどに、乗務記録に荷待ち時間などを記載することを義務付ける。ドライバーの長時間労働が課題となっており、解消にはトラック事業者が待ち時間を荷主に示し、対策を求める必要があると判断した。
 物流拠点への集配で活用が多いことを踏まえ、総重量7.5トン以上、または最大積載量4.5トン以上の車を対象とする。貨物自動車運送事業輸送安全規則を一部改正し、5月中の告示を目指す。
 現行の輸送安全規則は業務記録として各ドライバーが休憩、睡眠した際の地点…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する