【海上輸送ガイド】新航路 拡大戦略、次の段階へ 認知度向上に課題も

2017.04.25付

一般

 ドライバー不足を背景に、内航海運に近年にない追い風が吹いている。来年6月、宮古―室蘭を結ぶフェリー航路を川崎近海汽船が開設する。日本海側では港の管理者が主体の新航路誘致が続く。いままで内航各社は、新船建造で船腹を拡大してきた。一方、航路開設はこれまでの船腹の拡大戦略とは異なり、認知度向上、顧客の新規開拓といった地道な営業活動が必要。内航船社、寄港地一体となった新たな挑戦が始まった。
 川崎近海汽船(本社・東京、石井繁礼社長)は、宮古港(岩手県宮古市)…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する