運輸安全マネジメント 義務化対象200台に トラックの安全管理徹底

2017.04.25付

一般

 運輸安全マネジメント制度について、国土交通省はトラックの適用対象を拡大する。現行の「保有300台以上」の事業者から、「200台以上」の事業者に引き下げ、安全統括管理者の選任などを義務付ける。対象はいまの約170社から360社に倍増する見通しで、同省は今後、具体的な開始時期を検討していく。
 運輸安全審議会の有識者部会で、運輸安全マネジメント制度の今後の在り方の方針を示した。義務化の対象事業者を広げることで、トラック業界の安全管理の取り組みを促進する狙いがある。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する