日通・鉄道コンテナ モード連携を強化 今年度目標200万個

2017.05.02付

一般

 日本通運(本社・東京、斎藤充社長)は今年度、鉄道コンテナの取扱個数200万個(平成28年度比5.0%増)を目標に、鉄道輸送サービスの拡販を図る。他の輸送モードとの連携や顧客向け情報システムの利用拡大を進め、ドライバー不足や労働時間規制強化を背景に高まるモーダルシフトの機運を捉えていく。
 日通は昨年、鉄道・内航船両方の輸送に対応した12フィートのハイブリッドコンテナを開発し運用を開始。荷物の積み替えなしで鉄道と内航船を相互にシフトできる利点を強みに、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する