【集中連載 良い物流を維持するには】第5回 生き残るための経営判断 作家・佐藤優 氏

2017.05.23付

一般

 持続可能なサービスを考える時、現場に過剰負担を掛けないためには、利益目標達成に目が向きがちな中間管理職任せにせず「全体を見渡すことができる経営層が歯止めをかけるべき」と作家の佐藤優氏。企業内の力関係を最適に保つ上で労働組合を結成させることの意義を語りつつ、絶えず人材を呼び込むにはドライバーにキャリアパスを提示することも重要だとする。
 物流の現場では往々にして、ドライバーや荷物の仕分けを行う人たちの過剰負担になりがち。合理的に考えれば分かることだが…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する