増益企業が5割に減少 物流上場企業 29年3月期決算 物量伸びず人手もひっ迫

2017.05.23付

一般

 主要陸運上場企業の平成29年3月期決算は、増収増益企業の割合が全体の44.1%と、28年度比で24.7ポイント減少した。減収増益との合計でも52.9%と前々期に及ばなかった。物量の伸び悩みと、人手不足による労務コストの上昇が利益を押し下げたもようだ。
 上場トラック企業34社のうち、前期は18社が増益。前々期の30社から12社減少した。
 減益企業が増えたのは物量の減少に加え、人手不足による労務コストの上昇が影響したため。燃料費の下落が続いた前々期に対し…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する