物流連 田村氏が新会長内定 〝等身大の物流〟を継続

2017.05.30付

一般

 日本物流団体連合会は18日、理事会を開き、6月に任期満了を迎える工藤泰三会長の後任として、日本貨物鉄道の田村修二社長の就任を内定した。6月30日の定時総会で正式決定する。
 就任に先立ち公表した談話で、田村新会長は「労働力不足がささやかれる昨今、国民生活の基盤を支える物流機能の重要性をより多くの人に認識してもらう」と表明。歴代会長が掲げた「等身大の物流を見てもらう」活動を継続し、物流がやりがいのある産業だとあらゆる機会で訴え続けるとした。
 他にも、モーダルシフト…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する