【集中連載 良い物流を維持するには】第6回 AI化で人の役割消えず 作家・佐藤優 氏

2017.05.30付

一般

 物流の人手不足解消の鍵となる自動運転やAI(人工知能)について、作家の佐藤優氏は「あくまですきやくわのような道具」と話し、合理化できる領域と非合理が残る領域の見極めが大切だとする。いくら自動化が進んでも、物流から人の要素が消えることはない。集配ドライバーの持つ届け先情報などの経験則もその一つ。人と機械のすみ分けを理解する業界が生き残る。
 企業がドライバー不足対策を講じる際、20代後半のドライバーならあと30~40年は働くため、30年後にどうなっているかという…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する