【ことば 教えて!】▽手待ちの見える化→諦めず粘り強く

2017.06.06付

一般

 手待ちは、集荷先や配送先に到着後、積み降ろしが行われるまでドライバーが待機する時間のこと。発着荷主側で体制が整っていないことや、ドライバーが遅刻を恐れ早く到着していることが主因。国交省の調べでは、トラックの2台に1台で手待ちが発生し、1運行当たり平均1時間45分。
 国交省は7月、ドライバーの長時間労働改善と安全確保のため、手待ち時間を記録するよう義務付ける。蓄積したデータは、流通や農業など各荷主業界との取引改善交渉に生かす方針。
 物流企業にとっては、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する